婚約指輪はどの指にはめるもの?

婚約指輪は、一般的に左手の薬指にはめるといいます。

左手の小指には、結婚指輪もつけます。

デザインによっては、重ねづけができるように、デザインが工夫されたものもありますよね。

左手の薬指は、心臓が左側にあるから、心臓と直結しているとされ、二人の幸せな結婚を約束するリングでもあります。

右の薬指にリングをするのは、独身という意味とされるという説もあります。

結婚するまでは右につけておきたいという人もいるかもしれません。

婚約指輪は大き目のダイヤで、結婚指輪はシンプルなものを選ぶのが一般的です。

婚約指輪は、婚約をした直後は、家族の集まりやフォーマルな席で何度が身に着けるものの、カジュアルに毎日の生活では使わないという人も少なくありません。

しかし結婚してフォーマルな席、子どものイベントなどの時に結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることもあるので、重ね付けを意識して選ぶというのもいいかもしれませんね。

ただ選ぶとなると、婚約指輪、結婚指輪を取り扱うブランド店は多々あります。

中々全てのブランドをはじめから一つ一つ吟味していくのは大変だと思います。

ブランドの特徴は婚約指輪トレンドランキングで確認できますのでその中から興味を惹かれたブランドに絞って選んでいくのが一番効率の良い選び方かと思われます。

大事な指輪ですから、各ブランドをご自身の好みと照らし合わせて満足ゆくものを選んでくださいね。